温める 冷やす 目の疲れ

目の疲れによる充血は冷やしすぎると症状が悪化|温めることが大切

目の充血を和らげるためには、目の周りを温める、それとも
冷やす?どっちが良いのか迷っている人が多いようですね。
目の疲れによる充血は、目の周りを温めることで
和らぎます。

 

 

長時間のパソコンやゲームなどで目に負担をかけると、目の
中にある酸素や栄養素が不足します。不足した分は血液に
より運ばれてきます。このとき、血流が増えるため白目の血管
が太くなり、赤いスジのように浮き上がります。これが充血です。

 

 

目の周りを温めると、さらに血管が開き血流が増えます。
すると、一時的に赤みが増すことがありますが、目に送られる
酸素や栄養素の量が増え、また目に溜まった疲労物質が
取り除けるため、疲労が回復し充血が早く解消できます。

 

 

逆に、目の周りを冷やすと、広がった血管が縮まるため一時的に
充血が取れることがあります。しかし、目の疲労は取れていない
ので、血管が温まるとまた充血が表れます。冷やし続けると疲れ
がどんどん溜まり症状が悪化することも考えられます。

 

 

ブルーベリーで目の血行を良くして充血を取る