充血 目薬 血管収縮剤

充血に効く目薬の使いすぎには注意|血管収縮剤の危険性

目が充血しているときに、充血を取る目薬を使っている人も

いると思いますが、常用は控えたほうが良いです。
一時的に充血は取れますが、常用することで徐々に
効果が弱まり逆に、充血がひどくなることがあります。

 

 

充血を取る目薬には、血管収縮剤という薬品が使われて
います。正確な薬品名は、塩酸ナファゾリン、塩酸テトラ
ヒドロゾジン、塩酸フェニレフリンです。疲れ目や日焼け用
の目薬に含まれていることもあります。

 

 

目の疲れにより充血が起こるのは、目に不足した酸素や
栄養を補充するため血流が増え、血管が拡張するから
です。血管収縮剤はこの血管の拡張を無理やり押さえる
ことで充血を取ります。

 

 

しかし、目に酸素や栄養を補充することが妨げられてしまい
充血の原因である目の疲れを解消することができません。
充血を解消するどころか、悪化させる危険性もあります。
また、常用すると血管収縮剤に体が慣れ、効果が弱まります。

 

 

充血を取るには、血液の流れ妨げるのではなく、スムーズ
にしてあげることで目の疲れを解消することが大切です。

目の血行を良くするサプリメントはこちら

 

 

目の疲れによる充血を取るには、血管収縮剤が含まれて
いない目の疲れに効く目薬を使ってください。また、市販の
目薬には、目に刺激を与える防腐剤が入っているので、
なるべく病院で処方された目薬を使ってください。